2010年06月13日

黒豆を買っていただいた方


halshopです。


黒豆を買っていただいた方、もし、数粒余っていたら、

試しに、庭や、プランターへ植えてみてください。


冗談の思って、植えたら、芽が出てきました。

しめしめ、自家製の黒豆のえだまめだぁ〜。


ウチは猫の額位の場所しかありませんが、

東京標準で7月くらいまで蒔けるそうですね。

楽しみもふやしてみてね。


ところで、夏場、薄着の季節ですよね。
顔の美白なら、近所のドラッグストアでもあるかもしれませんが、
体のあのぶぶんの美白というのは、探すの難しい。

ダイイチ、お店じゃ、尋ねにくいですよね。

これ、結構評判いいです。

リエンジェ ピンクパールアイディージェル【超オススメ】

悩んでいる方、是非、おすすめです。
タグ:黒豆
posted by rmkhalshop at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

たけしの・・・コレステロールの低いおやつ


halshopです。風邪を引いてしまい、撃沈していました。

ぼんやりとTVを見ていたら、たけしの本当は怖い家庭の医学で
コレステロールの少ないおやつを奥園さんが作っていました。

いっぽう今日の料理ではお豆を使った繊維質対策のおやつです。
みんな優秀。こういうのが市販されているといいんですけど。

なんでレシピがPCで見れないんでしょうね??

●豆乳レアチーズケーキ

コレステロール78%カット
砂糖77%カット

1人分89kcal

クリームチーズ(100g)を電子レンジに40秒かけ、軟らかくする。
通常の半分。

軟らかくなったクリームチーズをボールに入れ、泡だて器で混ぜる。

水で戻した粉ゼラチンを入れ、混ぜる。(泡だて器を使う)

無調整豆乳(400ml)を少しずつ加え混ぜる。

レモン汁(大3)を入れ、混ぜる。
(豆乳のタンパク質がレモンの酸で固まっていき、生クリームのようなトロリとした食感になる)

器に盛り付ける。コップなどの家庭にあるものでよい。

冷蔵庫で1〜2時間固める
砂糖は一切入っていないのでソースを甘くする。

・ソース作り
キウイフルーツ(2個)の皮をむいて、すりおろす。
キウイの食物繊維によって中性脂肪を下げる効果あり

砂糖(大2)を入れ、混ぜる。

--------------------

●里芋きな粉おはぎ
もち米を使わない。

砂糖77%カット
1個54kcal(4分の一くらいカットされる)


里芋の皮をむき、ぶつ切りにして、水にさらす。
(糖質の高いもち米の代わりにする)

水から取り出し、耐熱ボールなどにいれ、ラップをして電子レンジで5分。
(ラップは里芋に直接触れるようにくっつけてかる。熱の通りがよくなる。)

里芋を軽くつぶす。ボールにいれたまま、すりこぎなどでおしつぶす。
ふかしてつぶすことでもち米のような粘りがでる

温かいご飯を入れ、混ぜる。
ご飯のつぶつぶの食感で、もち米のような食感に

生地をまるめる。ラップを使ってまるめると手が汚れない
その際に、中心に甘納豆を入れる。(適量。10粒ぐらい?)

きな粉(大1)、砂糖(大2)、塩(一つまみ)を混ぜる。
通常のきな粉より砂糖を多めに入れる。
周りを甘くすることで、中身の砂糖を減らすことができる
塩を入れることで、甘さを引き立たせる

--------------------
お麩をつかったアーモンドクッキー風

お麩を空煎りし
外側に、ほんの少しのバター、砂糖で蜜を作り絡め
砕いたアーモンドをふる。

--------------------
本多さんのほうは、
黒豆を適宜つぶしラクトアイスに混ぜ、抹茶をちょっと振り掛ける。

トーストしたパンを棒状に切り、クリームチーズを塗り、市販の甘い煮豆を乗せる。

posted by rmkhalshop at 23:20| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

プロシアニジンってすごいの?



黒豆でなぜダイエットできるんだろう?
大豆じゃだめなの?

と思っていたので、調べてみました。

TVでは、

韓国で黒豆ダイエットで成功した(紹介者)人は、太っていましたが
(韓国ネットで姿を公開したとたんに太っていることを非難されたそうです)
そして、ストレスが重なり、にきびがひどかった。

このにきびに良いとされ、食べ始めたのが、黒豆。
そして、にきびとともに、体重にも良かった。
つまり、痩せていたそうです。

大豆との違いは「黒」。

黒豆の「黒」はポリフェノールである色素、アントシアニン。

黒米、ブルーベリー、ぶどう、キーウイの種。。。

そして、アントシアニンに含まれるのが(プロ)シアニジン。

どうもこの成分は抗炎症など抗酸化作用があるようですね。

シアニジンが、体内への脂質の吸収を減らして、体外へ排出する働きをする、というころらしいですね。
posted by rmkhalshop at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。